カートをみる マイページへログイン ご利用案内(お支払い方法、送料など) お問い合せ サイトマップ
RSS
 

UCAUCA 2 女子後の生き方

UCAUCA 2 女子後の生き方
児童書の編集者をされていた、長谷川美緒さんと吉原美穂さんが、仕事を続けて年齢を重ねるなかで、なんとなく「女性として生きるうえでのモヤモヤ」を感じるようになり、その正体に向き合うことで軽やかになれたらと、雑誌づくりをはじめました。
それが「うかうか」のはじまりだそうです。
2号は「女子後の生き方 みかけとなかみの大問題」と題し金沢百枝さんや、イイノナホさんなど、素敵な女性にインタビューされています。

いまよりもっとゆるやかにしなやかな大人の女性になりたい。

UCAUCA 2 女子後の生き方

d design travel 群馬と千葉


d design travel 千葉 と群馬
デザインをテーマに旅するとしたらという切り口の旅本d design travelの群馬と千葉、素晴らしい建物やレストラン、カフェ、人々。ナガオカケンメイさんが自らの足で取材しまとめます。
関東でありながら、自然豊かな群馬と千葉を魅力的に紹介します。

d design travel のページ

歩きながらはじまること 西尾勝彦詩集

歩きながらはじまること,西尾勝彦,七月堂

西尾勝彦さんの詩集、『朝のはじまり』、『フタを開ける』、『言の森』、『耳の人』に加え、私家版『耳の人のつづき』を収録した、美しい詩集が七月堂さんより出版されました。
西尾勝彦さんの活動の集大成とも言える、記念すべき美しい詩集です。

歩きながらはじまること 西尾勝彦詩集

murren vol.22 岩波少年文庫

murren  vol.22,岩波少年文庫

murren vol.22 特集「 岩波少年文庫」届きました。
岩波少年文庫は1950年代に創刊され、装丁を変えながら今も出版されています。この少年文庫を読んだことのない日本人はいない・・・と言っても言いすぎではないかもしれません。
murrenの若菜晃子さんも少年文庫の人。
石井桃子さんの本も出版されている若菜さんが、石井さんや、中川行李枝子さん、現編集長の愛宕裕子さんに行った少年文庫のインタビュー、懐かしい装丁など。

murren のページ

ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事

Robert Coutelas 1930–1985 ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事


フランス人画家、ロベール・クートラスの主要な作品をほぼ全て収めた永久保存版作品集。

ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事

お知らせ

  • 4/17    4/21(土)22(日)23(月)のリアル店舗営業します。
          12時〜18時です。

新着商品

marco colorポーチ  NEW

1,296円(税込)

d design travel 千葉 NEW

2,052円(税込)

d design travel 群馬 NEW

2,052円(税込)

ペコペコざかな NEW

1,296円(税込)

あたらしい朝 NEW

800円(税込)

雲遊天下 128号 NEW

540円(税込)

murren vol.22 NEW

540円(税込)

街と山のあいだ NEW

1,728円(税込)

アートの島 犬島へ NEW

1,080円(税込)

いっぴきとにひき NEW

1,620円(税込)

私的台北好味帖 NEW

1,728円(税込)

私的台湾食記帖 NEW

1,728円(税込)

祈る子どもたち NEW

1,728円(税込)

ぼくの伯父さん NEW

2,160円(税込)

珈琲の建設 NEW

1,620円(税込)

FULL本屋 NEW

300円(税込)

キツネと星 NEW

3,024円(税込)



ページトップへ