カートをみる マイページへログイン ご利用案内(お支払い方法、送料など) お問い合せ サイトマップ
RSS
 

いつか熱海に行く時のために(熱海ひとり芸術祭参加作品)

いつか熱海に行く時のために,奥川純一,おくがじゅんいち
おくがわさんが、表現すると、なぜこんなに楽しいんでしょうか。
この熱海の本は、「おくがわじゅんいち」さんそのものです。
表紙からまず笑顔に、読んでる最長ニヤニヤ、読み終わったら、すっかり熱海が好きになり、行ってみたくてたまらなくなることでしょう。

いつか熱海に行く時のために(熱海ひとり芸術祭参加作品)

2008年発表された「明るいセンチメンタル」も届きました。

ぼくの伯父さん(単行本未収録エッセイ集)

ぼくの伯父さん,伊丹十三,つるとはな

1960〜70年代最高のエッセイスト、伊丹十三の単行本未収録エッセイ集。没後20年を機に、単行本未収録の優れたエッセイを、伊丹十三記念館(松山市)の全面協力を得て、一冊にまとめた本書は、四半世紀ぶりの伊丹十三の新刊です。

ぼくの伯父さん(単行本未収録エッセイ集)

週末遠距離通学誌

週末遠距離通学誌,小川かりん
岡山と東京を行き来し活動するイラストレーターの小川かりんさんのzine「週末遠距離通学誌」。
ソトコトにも紹介された、全国zineの岡山代表です。
2016年6月から2017年2月までの毎週土曜日に、東京にあるイラストスクールへ岡山から夜行バスを使って通っていた、イラストレーターの小川かりんさん。地方から離れた都市のスクールへどうやって通学していたかをエッセイコミックにしました。地方在住で通学に迷っている人の参考になればとの思いで作られました。

週末遠距離通学誌

本楽1-本屋に行くと、楽しいことがある

本楽1-本屋に行くと、楽しいことがある

2017年、岡山の小さな書店があつまり企画した本のイベント「イチョウ並木の本まつり」で、制作された小冊子。 電子書籍や、インターネットの普及で、本離れ、そして書店がどんどん無くなっていく今日この頃なのですが、やはり本は素敵なもの。楽しいもの。大切なもの。
リアルな体験として本を触る、捲る、読む、考えるということを、やめてほしくない。
書店に行き、本を実際見て触り、体験する楽しみ。小さな本屋のこだわりや、おもしろい本屋のおじさんと話して、本を選ぶ楽しみを、いまあらためて思い出し てもらいたいと企画された「本楽」の第一号は、出版社、書店員、編集者など、本に関わる人にお願いし、寄稿していただいています。

本楽1-本屋に行くと、楽しいことがある

ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事

Robert Coutelas 1930–1985 ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事


フランス人画家、ロベール・クートラスの主要な作品をほぼ全て収めた永久保存版作品集。

ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事

お知らせ

  • 1/16   1/20(土)〜22(月)のリアル店舗は営業です。
          12時〜18時です。

新着商品

いっぴきとにひき NEW

1,620円(税込)

私的台北好味帖 NEW

1,728円(税込)

私的台湾食記帖 NEW

1,728円(税込)

祈る子どもたち NEW

1,728円(税込)

ぼくの伯父さん NEW

2,160円(税込)

珈琲の建設 NEW

1,620円(税込)

FULL本屋 NEW

300円(税込)

キツネと星 NEW

3,024円(税込)

nanとカフェの12ヵ月 NEW

1,080円(税込)

The Nutcracker(英語) NEW

2,100円(税込)

Calendar 2018 shunshun NEW

1,500円(税込)

ニセ蟲図鑑 NEW

1,944円(税込)



ページトップへ