カートをみる マイページへログイン ご利用案内(お支払い方法、送料など) お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SOTOKOTO (ソトコト) 2019年3月号

続・関係人口入門
「観光以上、移住未満」の地域との関わり方!
Think More Local, Think More People

SOTOKOTO (ソトコト) 2019年3月号

価格:

1,000円 (税込)

購入数:

「観光以上、移住未満」の地域との関わり方!

「観光以上、移住未満」の地域との関わり方は「関係人口」と呼ばれます。「関係人口」は、頻繁に、あるいはたまに地域に顔を出すことで関わりが生まれ、つながりができる、これからの暮らし方の一つです。
そんな「関係人口」を受け入れる地域も、どこかの地域の「関係人口」になってみたいという人も増えてきた現在、大切なのは実際に関わってみるということと、それを継続していくこと。関係人口は常にアップデートされ、今の時代に合わせた緩やかな変化を行っています。関係人口ってなんだったっけと、いつでも立ち位置に帰って話し合えるような関係人口の入門号です。

【特集】
続・関係人口入門
「観光以上、移住未満」の地域との関わり方!
Think More Local, Think More People
福井県・南越前町からのプロジェクト。
「流動創生」が発信する、関係人口のつくり方。
ここは、日本の入り口。
地域との関わりをつなぐゲストハウス『Little Japan』。
気軽に場所を変えられる、自由な移住体験を。
「どこでも移住」で始まっていること。
台湾からの、インターナショナルな関係人口。
日本語通訳・翻訳家の虔蘿.促礇鵝Ε燹璽襦 さんの場合。
住まないから、できることもある。
風となり、島に種を運ぶ、建築家・内野康平さん。
この街は、もっとおもしろくなれるはず。
縦横無尽に伊丹を切り開く、荒木宏之さんの開拓力。
まるで鰹のように。
かつお節伝道師は、“回遊”して関係を紡ぐ。
実践者に聞いた! 関係人口のなり方、つくり方Q&A。
いま、関係人口を見つめる。
小誌編集長・指出一正がみなさんのギモンにお答えします!
「タイル」から人の輪が広がっていきました。
岐阜県瑞浪市の集落に飛び込む、玉川限界集落移住プロジェクト。
多拠点居住によって多層化する人間関係が、私たちの世界を広げていく。
ジャーナリスト・佐々木俊尚
観光から関係へ。そして働き方、生き方の関わり方へ。
プロジェクトデザイナー『umari』代表・古田秘馬
“年貢”を納めて“村民”に!?
「SHARE VILLAGE」が目指す、これからの村づくり。

ページトップへ