カートをみる マイページへログイン ご利用案内(お支払い方法、送料など) お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SOTOKOTO (ソトコト) 2017年9月号

【特集】あたらしい住宅のカタチ
暮らしをつくり、人が集まる住み方!

各地でコミュニティの大切さが語られるようになり、住宅の役割は「住む」という機能から「暮らしをつくる」という、想いを含めたカタチに変わっていっています。今回は、住宅の中でもとくに「暮らしをつくる」という行為にフォーカスしたプロジェクトやコミュニティを大特集! 木造賃貸住宅をリノベーションした場所、空き部屋の目立つ団地の再生、みんなが自由に集えるセンターハウスなど、日本全国であたらしい住宅づくりが進んでいます。暮らしがつくられ、人が集まる場所はどのように生まれてくるのでしょうか。各地のおもしろい事例から、そのヒミツを探っていきます。

SOTOKOTO (ソトコト) 2017年9月号

価格:

823円 (税込)

購入数:

あたらしい住宅のカタチ
暮らしをつくり、人が集まる住み方!
Live Your Community
家と本屋のあいだ。
『BOOKS+コトバノイエ』という、自由の場。
時代に合わせたアップデートを行う、
神奈川県・二宮団地。
団地がつくる、理想の暮らし。
住宅からもはじめる町づくり。
神山町が、集合住宅を建てています。
まち・空き家・人がつながり、暮らしが生まれる。
空き家仲介人・倉石智典さんの仕事。
東広島市で始まった「星降るテラス」プロジェクト。
古民家がもつポテンシャル、みんなで考えます。
ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド。
北欧4か国の、住まい方の今。
住むこと以上の価値を見出す。
『グリーンホームズ』という場の空気。
借り手と住み手をつなぐ。
岸本千佳さんに聞く、これからの住宅とは。
2つの空き家から木賃暮らしを見直す。
人が集まる「山田荘」と「くすのき荘」。

ページトップへ